NZTAKMANのブログ

30代。政治経済/社会/異文化/筋トレ/チームマネジメント

検索連動型広告 VS リスティング広告

 

f:id:nztakman:20210612224548p:plain

■検索連動型広告とは:テキスト形式。ユーザーが検索エンジン(ヤフー、グーグルなど)で、あるキーワードを検索した際に、そのワードに連動して表示される広告のこと。テキスト広告が中心で、顕在層(見込み客)向けの広告。検索結果に反応しクリックして誘導する広告。例『化粧品 30代 安い』⇒選択を迷っているときに意思決定をサポート。

f:id:nztakman:20210612224607p:plain

■料金クリック課金制:1クリックあたり数十円から数千円。入札によるオークション制。

相場、20万円前後。

■メリット:商品やサービスを能動的に探しているユーザーにアプローチできるため、費用対効果が高い。

■デメリット:検索していないユーザーにアプローチできない。広く認知には不向き。

運用管理、効率測定に手間がかかる。

※リスティング広告とは:検索連動広告とディスプレイ広告を合わせた呼称。

==============================

■デイスプレイ広告とは:画像や動画を用いた広告枠に掲載できるWeb広告。検索結果以外の場所にも掲載できる。

f:id:nztakman:20210612224641p:plain

■メリット:潜在層にアプローチ。認知拡大に効果的。ニーズを掘り起こすことができる。

画像や動画が使えるので、目にとまりやすい。視覚的に伝えやすい。

リマーケティング:再度広告を表示する方法。

クリック単価が安い。同じ予算でもリスティング広告に比べ、多くのユーザーをサイトに誘導できる。

■デメリット:CVR(コンバージョン)や即効性が低い。=申し込みや購入にすぐに

繋がりにくい。

効果測定が難しい。ターゲットが幅広く、即効性が低いため、改善ポイントを特定するのに時間がかかる。

■広告料金はユーザーがクリックするごとに課金されるクリック課金制。設定された上限クリック金額と、広告の品質スコアを基に設定される広告ランクによって決まる。

==============================

■Query(クエリ):ぐぐるときに、入力するキーワードのこと。例:『五輪問題』『門倉失踪』など

■Contents(コンテンツ):情報の具体的な中身のこと。1990年代に普及。『アナログコンテンツ』と『デジタルコンテンツ』の2種類あり各メディアを通じて提供される著作物のこと。

アナログコンテンツ:現実に触れることができる実物コンテンツ。5感で体感できる。劣化を伴う。ライブ、演劇、キャラクーグッズ、CD、本、手紙など。

デジタルコンテンツ:デジタルデータで構成された著作物のこと。例:
動画、ゲーム、Webサイトなど。これらのコンテンツはパソコンやスマホでいつでも新鮮な内容が取得できる。

 

参照:

https://liskul.com/search-ad-1800

https://www.uniad.co.jp/210206

https://seolaboratory.jp/62219/

https://www.uniad.co.jp/210301

https://blog.members.co.jp/article/20305

https://n-works.link/blog/webad/search-ad

反響営業と飛び込み営業

■反響営業 Direct Response Marketingネット、テレビ、ライトなどのメディアを当して広告宣伝し、それに興味を抱いた人だけを見込み客とみなして営業していく方法。(広告に対して、顧客から企業に接触することをインバウンドという。)

売ろうとする製品やサービスのターゲットを事前に調べて、広告戦略を連動させることによって高い効果が出る。

■メリット:成約率が高く、話を進めやすい。

■デメリット:反響が来なかった場合に営業をかけられないことがある。

 

f:id:nztakman:20210612174304p:plain

ポイント1)成果につながりやすい

広告を打って興味関心のあるターゲットを絞ってから営業をするので、他の営業方法よりも制約まで効率化できる。VS 飛び込み営業や電話での営業は相手の興味が分かたず、成約の可能性が低い。

仕事内容は?広告企画×見込み客への対応

  • 広告企画:ニーズ(何を訴求するのか)を事前にリサーチして、どのような広告が効果的か検討する。必須スキル⇒情報取集や分析力。
  • 顧客への対応。ネットや電話での問い合わせ対応(質問への回答)や売り込み。スピード感が大事。必須スキル⇒相手の気持ちを汲み取る力、コミュ力。

 

高額商品を取り扱い業種が多い。(広告宣伝費用が大きくかかるため、価格の安い商材では費用対効果が合わないため)

  • 例:不動産の仲介業(新聞の折り込み、チラシ投函、ネットへの広告出稿で物件の告知。その後、実店舗を訪れる顧客やメールでの問い合わせへの応対。

 

ITサービス、自動車、人材紹介、冠婚葬祭、企業向けサービスなど。

====================================

■内勤営業(インサイドセールス/反響営業のひとつ)

⇒チラシやネットを見て興味を持って来店した顧客に対する営業活動。じっくりと時間をかけて顧客に入り込む営業スタイルのため、商品説明や要望をヒアリングした様々な提案をして顧客満足度を上げられる。顧客との時間を長くれるのがメリット。

 

f:id:nztakman:20210612174345p:plain

 ===================================

反響営業の反対は、

飛び込み営業(Walk-in sales/アウトバウンド営業のひとつ。):新期開拓営業の手法の一つで、アポを取らずに法人や個人宅に訪問し、営業するスタイル。飛び込み営業は、相手の状況を把握せずに訪問するため、法人営業には向いていない。一方個人営業では、スキル次第では顧客が前向きに検討してくれることもある。『清潔感とつかみ』『初めから売り込みをしすぎない』『共感力が大切。警戒心を解くように。相手と自分は7:3.』『訪問数×成約率アップ』

※アウトバウンド営業とは、企業側から顧客に対してアプローチをかける営業スタイル。

■メリット:直接顔を合わせる分信頼感を得やすい。現場でしか得られない情報を得られる。

デメリット:断られることが多い、体力勝負、雨の日も営業。(法人営業の飛び込みはNG)

■業種具体例:健康食品、リフォーム営業、新聞の勧誘、光回線の営業、ウォーターサーバーなど訪問販売。

 

参照:

https://mynavi-agent.jp/sales/knowhow/reflective_sales/

https://biz.trans-suite.jp/37569

https://www.job-terminal.com/features/%E5%96%B6%E6%A5%AD%E3%80%80%E5%A4%96%E5%9B%9E%E3%82%8A/

https://tap-biz.jp/business/sales/1026731#

https://www.hai2mail.jp/column/2020/0712.php

 

人生はエピソードトーク☆

最近就職活動をしていて感じることは、人生はエピソードトークに抽象化できるように思えてきた。

就職活動で問われる素質は、大きく①リーダーシップ ➁オーナーシップ ③戦略的思考の3点。つまり、どう成果を出すために戦略を立て、人を巻き込み、最後までやり切る力=『仕事力』を企業にアピールできるかどうかだ。そして具体的なストーリーや成果、失敗談がないと自分らしさに欠けてしまう。

ではこれらの力を力をつけるにはどうすればいいのか?エピソードトークだ。

 

■10歳からのエピソードトレーニング。下手くそで問題ない、エピソードトークを制すれば自分の人生も豊かになる!

理由はこうだ。エピソードトークにはオチ、気づき、意外性などドラマが必要だ。つまり、日々の日常をいかに、何かに関心を寄せて自分の中で『あっ!』と思えるかだ。これは簡単なようで難しい。

では話すネタを作るにはどうするか?行動力に尽きる。新しい経験、出会い、趣味、いつもと違う刺激を求めて自分がどれだけ行動を起こせるかだ。チャレンジすれば失敗しても、それも十分な自分の経験値としてプラスになる。リスクゼロ。自分が動いていれば、その波長に合う仲間も集まり、リーダーシップを伸ばせる環境は与えられる。

 

次に、その行動を次にどう次につなげようか考えないだろうか。これか戦略的思考だ。

より物事がうまくいくように工夫したり、準備をして結果を出そうと努力する。

 

考えながら試行錯誤を繰り返すうちに、様々なチャンスや出会いも増え、情熱を注げるものに出会えるに違いない。あとは、真っすぐ打ち込むだけだ。(オーナーシップ)

 

エピソードトークは最強である。完結にまとめて、相手に興味や共感を持ってもらうように組み立てる。これかセールストークだ。例えや対比も数をこなせばうまくなるだろう。話術が磨ける。販売、交渉、相談、雑談、形は何でも構わない。人を説得する力がぐんと伸びる。仕事や人生において最強のスキルだ。

 

エピソードの多さは経験値の高さだ。行動力であり、ノウハウでもある。仕事ではその経験値をフルに使えるし、プライベートだって活動的な人生になるはずだ。うん、やっぱりエピソードトークは最強だ。

 

 

 

 

 

 

スマホ脳① アンデシュ・ハンセン

f:id:nztakman:20210606162455p:plain


1
章■人類はスマホなしの歴史

人間の脳は適応していない。

脳の進化は過去1万年、狩猟と採取の生活。デジタル社会は、一瞬に過ぎない。

 

デジタル化がメンタルにどう影響するのか?

 

人との関りが一気に変わるライフスタイル。特に若者への影響が大きい。

結果:ストレスが増え、運動不足(座りっぱなしな猫背)、睡眠時間が減る。⇒これに脳が対応できない=精神障害

脳(身体)の欲求は、睡眠、運動、お互いの強い要求(他者との関り)が備わっている。これを無視すると、精神状態が悪くなる。スウェーデンでは、2000年頃を比べて、睡眠障害の人が8倍に。

========================== ======

2章■ストレスの役目

HPA系(視床下部―下垂体―副腎)とは、脊椎(せきつい)動物(イヌ、ネコ、鳥、トカゲなど)に備わっているストレス防御システム。視床下部(ししょうかぶ脳の部分)から始まり、脳の下部にある下垂体(かすいたい)という分泌器に信号が送られ、腎臓の上部になる副腎(ふくじん)へコルチゾールというホルモンを分泌するように命令する。

f:id:nztakman:20210606162539p:plain

⇒なぜ発達したか?
生存のため。脅威に遭遇したときに、闘争か逃走かを判断するために、体全身に警報サイン流れる仕組み。これによって筋肉に大量の血液が流れ、心拍が速くなる。(いわゆる緊張状態)

現代のストレスは? 会社、家庭、人間関係など。

生命に危機はないレベルだが、仕事の締め切りや住宅ローン、SNSの反応など命に関わらないが、長時間脳内で同じストレスが作動する。長期にわたって、ストレスホルモンが増えると、やがて脳は対応(機能)できなくなる。ライオンの出くわした状態がずっと続くわけだ。

 

コルチゾール(ストレスホルモン):副腎皮質から分布されるホルモンの一種。心身がストレスを受けると、副腎から分泌され、『戦うか逃げるか』の為に、筋肉に大量のエネルギーを集めるために、拍動を上げる。適度な分泌は問題がないが、ストレスが中レベルであると、消化不良、不眠、性欲低下などを起こし、ストレスレべルがさらに高いと、心身余裕がなくなり、苛立ちやすくなる。長期的なストレスにさらされると、脳の海馬を委縮され、長期記憶の保存が困難になることが分かっている。分泌過多は、ストレスから身を守ろうとする現象。

いつ分泌?朝が多い。夜は少なくなりリズムを整える。過剰なストレスは慢性的な分泌量増加につながり、心身疲れやすくなる。

 

コルチゾールの分泌パランスの調整法。

適度な有酸素運動。サイクリング、ジョギングなど。運動習慣がある人はない人よりもコルチの分泌が少ない報告がある。運動(ストレス)により、体にコルチの分泌に対応できるようになってくる。分泌量も自然にコントロールできるようになり、睡眠の質も上がる。

ストレス(例:人前でスピーチする)を与えると、コルコルチゾールの分泌が2,3倍に増加すると言われている。体全体のいろいろな臓器に作用して、糖質や資質、たんぱく質の代謝に影響を与えたり、血糖を上げたり、体の炎症やアレルギー反応を抑える働きがある。

どのように?免疫系、中枢神経系、代謝系に対して様々な生理的作用を促す。例:炎症のコントリールを悪くする、うつ病患者にはコルチゾール値が高いと言われている。

偏桃体:(へんとうたい:脳の側頭葉の内側にある小さな細胞の集合体。左右にひとつずつある。

f:id:nztakman:20210606162612p:plain

人体の火災報知器と言われている。周囲の危険に目を配り、些細な危険も警報を鳴らす。敏感だか、必ずしも正確ではない。例:目の前のビニールホースがヘビに見え、立ち止まって警戒する。⇒警報がHPA系の作動させる。間違えて鳴らないより、鳴りすぎる方がいい。

 

不安:SNSで友達から反応がない、インスタでいいねがない⇒人との関りがデジタル化主流であり、不安になる頻度やレベルが以前より高くなったまた人間特有の『もしも』の話に異常に恐怖を感じる。ネットでの偽情報に振り回されるわけだ。⇒不安が身近にあり、HPAが作動し、心身が戦闘モードに入る。これは、大勢の前でスピーチをしたり、

f:id:nztakman:20210606162649p:plain

===============================


3
章■スマホはドラッグ

三大神経伝達物質。セロトニン、ドーパミン、ノルアドレナリン。

ドーパミンとは、神経伝達物質の一種(幸せホルモンの一種)で、我々のやる気や幸福感だけでなく、感情、意欲、思考などの心の機能に大きく関与している。元々は生き抜くための戦略性が進化して、新しい事を知るとドーパミンが出る仕組みとなった

。⇒新しい経験をしたい、あたしい出会い、場所など未知を知りたい欲求。スマホやパソコンのクリックが新しい知識や情報に触れる動機となる。またドーパミンの特徴に、確実な報酬よりも、何かが起こるかもしれないという期待に駆り立てられたとき、分泌される。つまり、『もしかしたら』がスマホを欲するようになる。実際にメールを読んでいる時よりも、着信音が聞こえた時の方がドーパミンの量が増える。『大事かもしれない』がやがて10分おきに発生し、スマホ中毒になる。

=========================== 

4章■集中力について

マルチタスク=集中力が低下の法則

マルチタスク派の人が、集中力(暗記タスクや思考力)が低い結果(スタンフォード大学)が明らかとなった。注意が散漫しやすいわけだ。複数の作業を同時にしているようで、実際は2つの作業間の集中を切り替えているだけ。本当にマルチタスクで集中が途切れない人は全体の1~2%だと言われている。

切替時間のロス。切替時間は必要で、元の作業に戻るまでに数秒から数分までかかると言われている。

脳は集中を分散させ、現れるものに反応するようように進化した⇒ドーパミンを与えてマルチタスクをさせ、気が散るように進化した。

長期記憶(固定化)への悪影響=PC入力より手書きのすすめ。スマホが近くにあるだけでも、集中力は低下する。

紙とペンで講義を記録した学生の方が、パソコンでノートを取った学生よりも理解度が高かった(実験)。パソコンは聴いた言葉を素早くそのまま入力するだけに対して、手書き作業は、速く書き留められないため、一度考えて(情報を処理)から記録するため、要約したりポイントを絞る工程が頭でプロセスし、結果学習効果が高いと推測さえる。

SNSに返信しながら、読書をすると、表面的な情報に溢れ、優先するこが難しく理解度が悪く時間もかかる(切替時間)実験結果も出ている。つまり、学習効果が低いわけだ。

===============================

5章■スクリーンがメンタルに与える影響

コルチゾールの上昇スマホを頻繁に使う人程、スマホを失くす(=ドーパミンを与えてくれる対象を失う)と、不安に駆られ、激しいストレス反応を起こす。

不安とスマホ使用度の相関性

スマホを熱心に使う人ほどストレス問題やうつををかかえている率が高い。

実験:スマホを手放して、不安と心配を計測したところ、手放した時間が長い程、不安が増す事がわかり、不安の度合いが大きい人ほどスマホを頻繁に使っている人が多かった。

 なぜ眠るのか?

  • 清掃システム(脳の掃除):昼間壊れたたんぱく質を老廃物として脳から除去。脳機能を維持するために不可欠な作業。睡眠不足は、脳卒中や認知症などの病気のリスクを高める。
  • 集中力と情緒:睡眠不足は集中力が低下して、イライラしやすくなる。
  • 短期記憶から長期記憶へ:固定化。塾睡時に重要な情報(知識)を選び抜かれ、保存される。学習は、訓練と睡眠の組み合わせによって効果が得られる。

スマホと睡眠の関係ストレス反応、メラトニン、ブルーライト、運動

寝る前にスマホを見ると、HPA系が作動して(ストレス反応をして)脳があなたを眠らせないようにしている状態。さらに、パソコンやスマホに多く含まれるブルーライトは、メラトニンの分泌を抑えたり、分泌を2,3時間遅らせる効果がある。つまり、寝る前にタブレット端末を使うと、ブルーライトが脳を目覚めさせ、体内時計を狂わせる。さらに、SNSによるドーパミンの刺激を受ければ、より質のよい睡眠の阻害となる。⇒翌日疲労感が取れない。集中できないなどメンタル障害に影響。電子書籍も紙の本に比べて、睡眠を遅らせてしまう実験結果もある。(メラトニンの減少と遅延)

対策:スマホをベットの脇に置かない。できれば寝室に置かないのがより良い睡眠の第一歩である。(特に子供には注意すること)。さらに運動を週3回を目安にすると良質な睡眠につながる。

 

メラトニンとは、脳の松果体(しょうかたい)と呼ばれる部分から分泌される睡眠ホルモン。

体内時計に働きかける事で、覚醒と睡眠を切り替えて自然な眠りを誘う作用がある。朝光を浴びると、体内時計がリセットされ、メラトニンの分泌が止まり活動状態になる。目覚めてから、14から16時間後、体内時計の指示で再び分泌が始まり、徐々に眠気を感じるようになる。

f:id:nztakman:20210606162810p:plain

f:id:nztakman:20210606162828p:plain

f:id:nztakman:20210606162844p:plain

 =============================

参照:

黎明期(れいめい):明け方。転じてある事柄が形になる前の始まりの時期。例:5G黎明期、TVアニメ黎明期など。新しく時代が始まるといった意味。

双極性障害:躁(そう)うつ病。ハイテンションで活発な躁状態と憂うつで無気力なうつ状態を繰り返す。原因ははっきりわかっていないけれど、体内で作られる特定の物質が正常に調節されていない可能性がある。特にストレスを感じる時に発症しやすい傾向がある。

躁病:病的なまでに気分が高揚して、開放的になったり、尊大な振る舞いをするなど問題高度につながる精神状態。躁(さわぐ)⇔さわぐ、せかせかとさわがしいこと

https://www.mhlw.go.jp/kokoro/know/disease_bipolar.html

http://www.nips.ac.jp/srpbs/media/press/110513ncnp_kunugi_press.pdf

https://www.jniosh.johas.go.jp/publication/mail_mag/2016/87-column-2.html

https://anger-m.ws/mechanism.html

https://www.konishi-clinic.com/medical_information/archives/149

https://www.tainaidokei.jp/mechanism/3_3.html

外国人労働人材のマッチング活動

 

f:id:nztakman:20210604180148p:plain

鈴鹿のNPO法人愛伝舎(あいでんしゃ)は、三重県内在住の外国人を対象とした会社説明会が5月29日に四日市市で開催された。プラジル、ペルー、インドネシア出身の計8人が参加。

■課題:コロナ禍による離職、収入源に悩む外国人労働者のマッチングの機会を提供。

厚生労働省と県トラック協会の協力による実現。履歴書の書き方の指導、日本語能力のチェック。

■背景:今はダイバーシテイの時代。国籍関係なく、働き手の一人として戦力を探している企業もある。

===================

NPO: Nonprofit Organisation; 特定非営利活動法人

×お金儲けをしてはいけない

〇利益を分配しないという意味。

 

例:事業収入や寄付などの収入と、オフィスの家賃や電気代などの支出を差し引いた際に、利益が出た場合。株式会社であれば、利益は株主に分配されるが、NPOは、団体の寄付者に分配することなく、利益は事業に使用できる。

■歴史:1998年NPO法ができてから。(阪神大震災がきっかけ)。小回りが効くボランティア団体が契約主体として活動できる方が、行動しやすいから。(団体の口座作成、事務所を借りる、電話の設置など法人格がないと信頼してもらいづらい)2020年度で認定1177団体。

 

特徴:保険、医療、福祉の増進を図る活動。社会教育の推進を図る活動、子供の健全育成を図る活動が多い。国際協力の活動。

■お金儲けの原則『困っている人の課題を解決する商品やサービスを提供し、その対価としてお金をもらう』

■NPO vs 株式会社/受益者がポイント

例:おにぎりの購入。

株式会社の場合:買う人=経済力ある。

NPO:おにぎり代は、活動に共感してくれた人からの寄付から支払われ、商品を手に入れる人と費用を負担する人が異なっている事業を行う場合、NPOが活躍する。

また寄付してくれた人や活動支援者は、所得控除や税額控除が認められており、NPO側も寄付収入に関して税金が掛からない。

■NPOと行政の違い。

資金規模=活動の規模。資金が大きいと、意思決定の説明責任が重く、慎重に検討される。

NPOは、それに比べて関係者や資金が少ないため、その人たちに説明して納得してもらえればすぐに動ける特徴がある。小回りが利く、

広義だと社団法人、財団法人、社会福祉法人もNPO含むこともある。

 

参照:

https://activo.jp/column/8

https://www.chunichi.co.jp/article/263106?fbclid=IwAR3VTjd3nc63aSwsxzCI91ayi1OjTJmrFlCgHG6GLspcGJNB_WXzM6IvRro

 

 

教員の早急な働き改革を。

『教師のバトンプロジェクト』全国の教師や教員志望の学生などに各地の取り組みや思いを知ってもらい、学校の改善や志望者の増加につなげようと文部科学省が3月26日から始めた候補活動。

 

■反応:厳しい現状が浮き彫りに。長時間労働でうつ病、残業100時間、辞めにくいなど、仕事量の多さと長時間労働により疲弊状態が明確になった。それに伴って、人材の確保も重要な課題。

■労働環境/統計

1)授業の準備、書類作成 2)会議、研修

3)多様化する子どもや保護者対応 4)コロナ対応

5)デジタル化対応

長時間労働:中学教師の仕事時間1週間で56時間。48か国中最も長い労働時間。

特に部活や事務作業に費やす。

※過労死ラインは月80時間以上の時間外労働。1日換算で約4時間。

健康の問題:うつ病などによる休職や長期の休み。2019年度、1か月以上休んだ教員は1万人。教員の疲労の蓄積は授業の内容や進行に悪影響。子供の指導が行き届かない可能性。

2020年度の公立小学校の教員の採用倍率が過去最低2.7。地域や教化によってはさらにばらつきあり。

労務管理上の問題:地方公務員は労働基準法が適用されず、時間外手当の労使間合意がない。教職調整額という月給4%の上乗せ給があるのみ。時間外労働の正確な管理システムがない。

 

■対策(業務を削減、委託する)

少人数学級:小学校のみ2021年度から1クラスの上限を40人から35人とする。(41年ぶり)

教科担任制:一部の教化を担任ではなく、専任の教師が教えるようになり、授業準備の負担が減る。

部活動の外部委託:土日の部活動を地域のスポーツクラブに移行させる。

教員免許制度:30時間の講習を追加。

管理職の意識改革:サービス残業は暗門の了解、現状をSNSに投稿しないように指示など抜本的な意識改革が必要。

時間管理の徹底化:出退勤管理。データ作成。定時退社の習慣化。

 

参照:

https://www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/100/450134.html

https://twitter.com/teachers_baton?ref_src=twsrc%5Egoogle%7Ctwcamp%5Eserp%7Ctwgr%5Eauthor

https://www.mext.go.jp/mext_01301.html

https://workin.jp/inquire/recruiting/knowhow/initiatives-to-reduce-the-burden-of-teacher-work-style-reform

ごみゼロの日(5月30日)

ペットボトルポイ捨て問題

四日市大学の千葉賢教授が員弁(いなべ)川下流で、ペットボトルごみを回収、販売年代を調査した。

f:id:nztakman:20210603115228p:plain

 

■発見場所・統計:川べりの草むらにまとまっているケースが多い。(ペットボトルの形状を残したまま)キャップはボトル本体よりもろく、そこから海水が入ると、海底に沈み回収が困難になる。また、自然分解される時間は、400年と言われている。

2019年度の販売数が245億本。国民一人あたり200本以上の消費計算。

リサイクル率は85.8%で世界最高水準だが、総量が多いため環境に与える影響は大きい。

分析:コロナ禍で屋外で飲料や河川沿いでのBBQの機会が増え、ごみの放置の問題も。

■ペットボトルのごみ対策

ボトルtoボトル (B to B):使用済のペットボトルを原料化し、新たなペットボトルに再利用することをBtoBという。(同じボトルを再使用するリユースは含まない)

 

f:id:nztakman:20210603115247p:plain

社内でペットボトル販売禁止:ゴールドウィン(2020)タイガ―魔法瓶(2020)

社内ペットボトルの購入本数を計算し、二酸化炭素排出量に換算。環境へのインパクトを社内に根付かせる。自販機の入れ替え、構内へのペットボトル持ち込み禁止など。

マイボトルの推進

ペットボトルの軽量化

ラベルレス商品(2018:箱売りのみ(義務表示を外装紙に印字する)メリット分別の手間を省き、排出量を減らせる。アサヒ飲料、『アサヒおいしい水』『十六茶』コカ・コーラ『いろはす天然水』ECチャンネルで好評。新規顧客(若年層)の獲得。前年度より2.5倍の伸長。

f:id:nztakman:20210603115308p:plain

参照:

https://www.47news.jp/6322259.html

https://www.cocacola.co.jp/stories/sus_bottle_to_bottle_190315

https://www.wwdjapan.com/articles/1109814

https://www.kankyo-business.jp/news/026562.php

https://news.yahoo.co.jp/articles/2dbfb8473be5b5b2d426c196bd0fa35b64dc9111

https://www.itmedia.co.jp/fav/articles/2105/02/news024.html