NZTAKMANのブログ

30代。政治経済/社会/異文化/筋トレ/チームマネジメント

大学共通テストとは?

■各大学が独立行政法人『大学入試センター』と共同で実施する試験のこと。

2020年度入試まで実施されたきた『大学入試センター試験』の後継試験で、毎年1月中旬の土日の二日間に全国で一斉に実施される。

■内容:マークシート方式。

出題科目は、国語・地理歴史・公民・数学・理科・外国語の6教科30科目で構成。

この中から最大8科目を受験できる。志望大学が指定する教科・科目を選択して受験することになる。

■用途⇒国公立大学の一般選抜受験者⇒原則共通テストを受験しないといけない。

『共通テスト利用方式』⇒多くの私立大学が共通テストの成績を利用する。

■なぜ『センター試験』から『共通テスト』に移行したのか?

背景⇒『大学入試改革のため』。国が進める教育改革(高大接続改革)の一環で、情報化社会、少子高齢化社会、グローバル化、リモート化などの変革期に対応するべく『自ら課題を把握し、他社と協力して解決する能力』を育成するため。これまで以上に知識をベースにそれをどう活用するか(=判断力、思考力、表現力)がより重視されるようになっている。暗記でまにあっていた問題は減少し、思考力を問われる問題が多くなる。例:グラフ、地図、文章の読み取る量が増える。

 

=========================

併願⇒複数の学校に出願すること。併願高校とは公立校を第一志望として、不合格になった場合の進学先として私立校を受験するケース。

参照:

https://www.dnc.ac.jp/kyotsu/shiken_gaiyou/index.html

https://shingaku.mynavi.jp/cnt/etc/column/step6/center/

https://shingakunet.com/journal/exam/20210910000002/

 

聖マリア女学院中学(1987~)

■発祥:スペイン。聖カメルン・サジェス。

⇒【国際社会で活躍できる女性の育成】人に優しい心の教育。

価値観;謙虚、共生、慈悲の心、愛など女性の強みを磨くこと。

■キリスト教教育。お祈り。聖書、倫理観。⇒福祉、募金。

■英語教育⇒英検、ALT,留学。

===================

■偏差値34

■口コミ⇒面倒見がよく4.5と高評価。

ミッションスクールならではあたたかな雰囲気あり。

====================

■教科書

参照:

https://maria.ed.jp/educational/

https://www.minkou.jp/hischool/school/review/2457/

http://www.chuoh-kyouiku.co.jp/pdf/corporation/support/2022/21.pdf

引き継ぎを通して。

前任のマネージャーと引き継ぎが上手くいかない。それがなぜか?をマネージャーの特徴を自分なりに考えてみた。

1)整理整頓が苦手→デスクが汚い。しなくていい事務作業を自分で増やしている。探す時間に浪費。その結果、サービスに集中できていない。→営業成績が停滞し人への関与も↓。

2)向上心がない→エリア講習会で優秀な営業マンとのプレゼン力の差を感じた。FBに対して、すね気味。言い回しが単調でセールストークもイマイチ。やはり、目標を意識して努力しないと人は成長しないと感じた。

3)説明が苦手→何をしてほしいのか、いつまでに誰がやるのか伝えるのが苦手。ダラダラと詳細から始める。結局注意して聞いていて、何も頭に残らない。それでは仕事が進まないはずだ。

4)熱意がない→こだわりや成長意欲が感じない。だからどうしたいのかも周りに伝わらない。印象に残らない。

5)暗い→エネルギーが弱い。自信のないコメントが目立つ。それでは他者をプラスへ導けない。自分はどんな時でも明るく可能性を探したい!

悪い人ではないが、仕事仲間である以上、マネージャーは成果を出せる環境作りや自己管理は大切だと肝に銘じた。



要約力

営業OJTのロープレで営業実績に優れた2名と組み、要約力の差を実感した。本気でFBしてくれた彼に感謝したい。


要約力は、必要なポイントを簡潔にまとめ伝えること。これができると、相手に合わせて噛み砕いて伝達できる。相手にささる言葉を瞬時にまとめられると一気に信頼感が伝わる。

要約力=情報処理力、戦略力、説得力。

読解力、想像力。


つまりまとめる事を意識すると、伝えたい事、こだわり、本質が見えて来る。


急には身につかないが、要約力は意識してレベルアップして彼に少しでも近づきたい!


岐阜市加納地区

■岐阜市駅の南部周辺。

加納という地名が定着している。古くからあるような整備された地域で、歴史の感じる場所。

現在は富裕層が住む閑静な住宅街?というイメージ。土地は狭めでステータスと安心感を感じる地域。江戸時代の町屋、宿場町の名残から密集したレイアウト。


■中山道(なかせんどう)
:三条大橋⇒日本橋。京都から信濃を経由して武蔵などの東国を結ぶ街道。1600年、関ヶ原の戦いで天下をとった徳川家康が天下統一を図る需要な手段として、戦乱で荒れた全国の道の整備にとりかかった。約534km、69宿あり。峠道が多く、人馬の往来は困難だった。

中山道の役割・目的参勤交代、茶壷道中(=ちゃつぼどうちゅう、将軍御用の宇治茶を江戸まで運ぶ行事)、皇女・和宮(こうじょ・かずのみや=仁孝天皇の第八皇女で、幕府との関係を維持するために江戸の14代将軍徳川家茂へ降嫁した。中にはこの縁談を良く思わない勢力から守るために、より安全な中山道を通って御輿入れされた。太田宿で27日宿泊した記録あり。)など。

■加納藩:

江戸時代に岐阜県岐阜市の加納を本拠地にして、美濃国中部を領土としていた藩のこと。

藩庁は加納城。藩主は奥平信昌(おくだいら・のぶまさ)。徳川家康の長女、亀姫を正室をする。


■加納地区の歴史:

江戸時代の加納藩の城下町。中山道の宿場町と栄えた。関ヶ原の戦い後、徳川家康はこの地に着目し、奥平(おくだいら)氏10万石の居城として加納の旧城を修築させ江戸幕府の軍事的拠点とした。しかし、その役割は次第に衰え、和傘の内職に頼らなければならず、現在も伝統芸品として受け継がれている。


■なぜ和傘が発展したか?
武士の内職×分業体制×美濃和紙×良質な竹×水運による販売ネットワーク(=長良川・荒田川を使って、伊勢湾の桑名に出て、江戸や大阪などの大消費地へ販売できた)全国シェア9割。

 

1756年~加納藩主の永井直陳列は下級武士の生計を助けるために和傘づくりを奨励した。

分業体制の確立と、美濃和紙の産地が近く良質な和紙が手に入ったこと、また周辺の山間地で良質な竹が採取できることもあり加納で和傘づくりが栄えた。

=================

参照:

https://www.mizu.gr.jp/kikanshi/no50/05.html

http://www.kisoji.com/kisoji/feature/shukuba.html

https://kotobank.jp/word/%E5%8A%A0%E7%B4%8D-45984

https://www.nakasendo.gifu.jp/about/

https://crd.ndl.go.jp/reference/modules/d3ndlcrdentry/index.php?page=ref_view&id=1000194576

https://kaikan.ootajuku.net/history/kazunomiya

https://www.jinriki.info/kaidolist/nakasendo/

ニトリの接客力

f:id:nztakman:20220413020134p:plain

■背景:家具の購入を目的にあまり下調べをせずに訪店。担当してくださった店員(20代、男性、東京エリアから異動で配属されたとのこと)さんの接客力に感動した。スムーズに納得して決断できてよかった。

■1は日用品中心のため、レジ、品出し、セルフサービス方式な接客スタイル

あくまで受け身なスタンス。学生と中年女性で主婦力、親しみやすさを重視したチーム構成。

■2階は家具メイン。単価が高く受け身では売れない。売り込むのではなく、しっかりお客様とコミュニケーションを取れる能力がないと売上にはつながらないシビアなフロア。

■感動した点:

1)ヒアリング力:どんな生活をイメージしているか、家具の好み、予算、疑問点など雑談を重ねながら情報収集力が長けていた。

2)提案力:5000円、1万円など客の迷いを揺らすアップセリングが巧みであった。実際に上質な商品を見ることで、客に生活のイメージを促すことが上手かった。不思議と最初は予算オーバーは対象外であったが、上質なものを見たあとのベーシックレンジに戻ると、頼りなく感じてしまった。人はかっこつけたい、良いものに目がない生き物だと痛感した。

3)プレゼン力:実際のイメージコーデされたディプスレイを案内してくださり、トーンの合わせ方を可視化して納得感が深まった。資料の説明も丁寧で選択しやすい。笑顔も素晴らしい。

4)細かい気配り:アンケート中に失礼します、不要な資料はございませんか、などさりげない相手の立場を気遣ってくださり、信頼度、安心感がぐっと深まった。サイズ感も見せてくださり、すべて先読みされたスマートな応対力だった。

■まとめ:彼の営業力は素晴らしい手本であり、勉強になった。どんどん活躍してほしいと思いつつ彼のようなプロフェッショナルに少しでも近づきたいと刺激になった。ニトリの研修力もきっと素晴らしいはず。