NZTAKMANのブログ

30代。政治経済/社会/異文化/筋トレ/チームマネジメント

大学共通テストとは?

■各大学が独立行政法人『大学入試センター』と共同で実施する試験のこと。

2020年度入試まで実施されたきた『大学入試センター試験』の後継試験で、毎年1月中旬の土日の二日間に全国で一斉に実施される。

■内容:マークシート方式。

出題科目は、国語・地理歴史・公民・数学・理科・外国語の6教科30科目で構成。

この中から最大8科目を受験できる。志望大学が指定する教科・科目を選択して受験することになる。

■用途⇒国公立大学の一般選抜受験者⇒原則共通テストを受験しないといけない。

『共通テスト利用方式』⇒多くの私立大学が共通テストの成績を利用する。

■なぜ『センター試験』から『共通テスト』に移行したのか?

背景⇒『大学入試改革のため』。国が進める教育改革(高大接続改革)の一環で、情報化社会、少子高齢化社会、グローバル化、リモート化などの変革期に対応するべく『自ら課題を把握し、他社と協力して解決する能力』を育成するため。これまで以上に知識をベースにそれをどう活用するか(=判断力、思考力、表現力)がより重視されるようになっている。暗記でまにあっていた問題は減少し、思考力を問われる問題が多くなる。例:グラフ、地図、文章の読み取る量が増える。

 

=========================

併願⇒複数の学校に出願すること。併願高校とは公立校を第一志望として、不合格になった場合の進学先として私立校を受験するケース。

参照:

https://www.dnc.ac.jp/kyotsu/shiken_gaiyou/index.html

https://shingaku.mynavi.jp/cnt/etc/column/step6/center/

https://shingakunet.com/journal/exam/20210910000002/